錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、47万㎞を超えました・・・

【オリンパス】カメラ事業部の落日について考える

先日、オリンパスのカメラ事業部が譲渡されると発表されておりましたが、【オリンパス】のブランド名が引き続き使用されるのか、あれこれと噂が出ております。

もちろん医療機器メーカーとしての社名は残る(※むしろそのためのカメラ事業部譲渡)のですが、問題は譲渡先の“日本産業パートナーズ(JIP)” が今後どう考えているのか。

 

f:id:nissanpao:20200823153618j:plain

 

長らくオリンパスのカメラを使い続けてきた者としては、カメラに【オリンパス】のブランド名が使われなくなるのは寂しいのですが、そもそもJIPが今後どの程度、カメラ事業を継続するのかすら怪しいようです・・・

カメラの軍艦部に刻印されるブランド名というのは案外重要で、【CANON】【NIKON】などの社名が変わってしまうと、確実に売り上げは減少するように思われます。光学機器はその信用も含めてお金を払っているところがあるので。

もちろんミノルタソニーになって売り上げを伸ばした例はありますが、それはそもそもソニーブランドの持つ力があってのこと。仮にカメラ軍艦部に【JIP】と刻印されたカメラを信用できるのかと言われれば、ちょっと抵抗がありますね。。。

私の場合、親の代からオリンパスのカメラを使っていたという思い入れもあるのです。

主に旅行や日々の記録を撮っている程度ではありますが・・・

f:id:nissanpao:20200823153653j:plain

 

技術の進歩により、スマホのカメラはよく写ります。わざわざかさばるカメラを持ち出すのであれば、確実にスマホより良い写真が撮れることが条件。あるいはスマホよりたくさんの写真を電池残量やデータ保存量を気にせずにどんどん撮れることなど、なんらかの差別化が必要で・・・そうなると、写りで勝負の一眼系カメラに注力することになるのかも知れません。

 

f:id:nissanpao:20200823153728j:plain

 

本当は大きな一眼でなくても、例えばリコーのGR(↓)などは写りで勝負できている良いカメラなのですが、オリンパスの場合、現行のTG-6はリコーGRほど高い評価を得ておらず、“頑丈”という利点だけでは生き残れないのは明白です。

Olympus TG-6(↓)

TG-6

 

そうなると、E-PLシリーズの継続も怪しいわけで・・・

もう、E-Mシリーズだけで勝負でしょうか・・・。

 

 

 

もともとオリンパスカメラ事業部の強みは何だったのか・・・。

私が最初にオリンパスのデジカメを購入したのは1999年発売の c-2000zoom ですが、当時は他のメーカーより一歩も二歩も良い写りをしておりました。本体の基本性能、基礎技術も高かったのですが、レンズ性能においても世界のトップクラスだったことは間違いありません。

1936年に発売された【セミオリンパスⅠ型】に瑞光レンズが初めて搭載されたのですが、デジタル一眼が出始めてからも、瑞光レンズの品質に対する評価が揺らぐことは無く、今後ここの技術陣がどのように処遇されるのか心配されるところです。

 

 瑞光レンズの性能を発揮することを求めるのであれば、E-Mシリーズの中でも、エントリーモデルである E-M10は今後切り捨てられる可能性があります。

 

落日のオリンパスですから・・・

f:id:nissanpao:20200823153749j:plain


性能だけでなく、カメラそのものが持つ機械としての魅力という点では、Pen-F の後継機種なども出てほしいのですが、あまり多くを求めても仕方ありませんかね・・・

いろいろ残念ですが・・・ 

 

 

錆との戦いは今日も続く - にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ

 

あと何年乗れるかな・・・

 秋吉台つづき・・・

しばらく記事をupしていなかったため、細かな手順を忘れてしまっておりましたが、写真はときどき撮っていました。

f:id:nissanpao:20200126074751j:plain

今年度購入したカメラ(LUMIX LX100Ⅱ)にもようやく慣れ、長所短所も分かってきたところですが、いわゆる【アートモード】はpanaよりOLYMPUSの方が好みですね。

ただしこれまで10年以上前のコンパクトデジカメ(XZ1)を使っておりましたので、撮像素子の進化はしっかり感じております。

写りに安定感がありますので、失敗写真は減りましたが、そのぶんミラクルな一枚の出現率も下がったかもしれません・・・

 

f:id:nissanpao:20200126074827j:plain

古い車は買い換えず、修理を重ねつつしっかり走っております。

 

f:id:nissanpao:20200126074912j:plain


「愛着が有るので乗り続けている」というのも理由のひとつですが、「他にそれほど欲しい車がない」というもの事実ですね。

ただしディーラーでも部品の在庫がなくなり、修理は年々難しくなっております。

ここ数年はエアコン修理に時間を費やしました。

 

f:id:nissanpao:20200126074926j:plain

平成元年車・・・

どうやら旧車の定義は【昭和車】が原則らしいのですが、平成から令和に元号も変わり、走行距離も45万キロを超えたこともあり、そろそろ平成元年車も旧車の仲間に入れて欲しいですね。

 

昨日、ヤフーニュースから【旧車を所有するリスク!】の記事を見ました。

やはり部品入手の悩みが深刻で、それを悩みと思うか否かというところに行き着くのですが、私の場合には自分で悩むと言うより修理工場の整備士さんが悩んでいる状態で・・・。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

部品についてはむしろ外車の方が古いものでも手に入りやすいそうで、ワーゲンやmini、フィアットなどは古い車でも長く乗り続ける前提となっているのが魅力ですね。

うちの車でありがたいのは、対人保険だけでなく、毎年車両保険にも普通に入らせて貰っておりますので、保険や税金面で極端に困っているわけではないところですね。

 

f:id:nissanpao:20200126075003j:plain

 

さて、あと何年乗れるかな・・・・

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村

高野山を堪能した!さあ帰ろう! :高野山その15(ラスト) 

 高野山はお勧め観光地でした。

 奥の院を見て回るうちに正午が近づきました。

 巾着など購入。

f:id:nissanpao:20191105220318j:plain

LX100m2にて撮影

朝からかなりの距離を歩きましたので、少し早めのお昼ご飯を。

『観光地に美味いものなし』などと言われますが、ここまで高野山の食事はどれも満足でした。

f:id:nissanpao:20191105220421j:plain

中の橋近くのレストランにて(↑)

 

f:id:nissanpao:20191105220453j:plain

入り口のおでんのニオイに誘われつつも、天丼を注文。

 

f:id:nissanpao:20191105220530j:plain

大当たり。この店、なんの変哲も無い外観ですが、客はたくさん入っておりました。

 

さてさて、来た道をそのまま戻ります。

ここは日本最高地点(標高)のスクランブル交差点

f:id:nissanpao:20191105220556j:plain

 

宿坊に預けていた荷物を受け取り、帰路につきます。

本当に良い宿でした。最後に一家そろっての記念撮影までしていただいたお坊さんは、どうやら山口県に実家があるらしく、しばし楽しい立ち話となりました。

f:id:nissanpao:20191105220622j:plain

 

 高野交番前バス停から高野山駅へ。

f:id:nissanpao:20191105220717j:plain

 

 下りのケーブルカーでは最前席に位置取り、このカメラ(LX100m2)で初の動画撮影をしてみましたが・・・

f:id:nissanpao:20191105220753j:plain

  

 

f:id:nissanpao:20191105220813j:plain

不慣れなもので、動画の設定を間違え、フォーカスをコンティニュアスにするのを忘れておりました。ピントぼけぼけ動画(↓)

www.youtube.com

  

f:id:nissanpao:20191105220833j:plain

 一人旅らしき外人さんは、指名手配のポスターが珍しいらしく、スマホで何枚も撮影していたのが面白かったです。

 

f:id:nissanpao:20191105220911j:plain

 帰りも特急高野→地下鉄御堂筋線→新幹線のぞみ の乗り継ぎで半日かけて実家へ帰りましたが、初日より足取りは軽かったかもしれません。

  

 高野山、宿坊も精進料理も壇上伽藍も奥の院も電車も堪能しましたが、 少しだけ心残りは、大門と中門を見損ねたこと・・・。初日があまりにも土砂降りだったもので、足が向かなかったのです。生きているうちに再びこの地を踏むかどうかは分かりませんが、もし来ることがあればそのときの課題ですね。

 

シンプルなライン素材(四角)

 今回の裏ミッションでもある LX100m2の撮影試験、露出以外はほとんどオート撮影でしたが結局1400枚程度を撮影。電池ひとつで350枚は楽に撮れます。二つの電池で一日700枚。二日間で1400枚は問題なく撮影できました。設定はもう少し研究する必要がありますが、暗所の強さは確認できました。今後の旅行でも活躍してくれそうです。三脚を使って絞り値を高めに設定しての風景撮影も試します。もう少し寒くなって星がきらめく季節になれば、星空撮影にも挑戦してみたいところです。

f:id:nissanpao:20191105224655j:plain

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村

しろあり、やすらかにねむれ・・・:高野山その14

 高野山の奥深さ・・・ f:id:nissanpao:20191104213504j:plain

御廟橋。弘法大師御廟に一番近いこの橋から先は聖域とされています。

一礼して気持ちを整えてから渡ります。

ここを渡ってしまえば撮影禁止区域となるのですが・・・

f:id:nissanpao:20191104213801j:plain

毎朝6時と10時半の2回ほど、空海のために食事を運ぶ【生身供(しょうじんぐ)】の際には、多くのカメラマンが一斉に撮影しておりました。

(私も橋の外から慌てて撮影。このカットは旅行ガイドにもよく使われる構図です。聞くところによると、空海は新しい物好きで、生身供の料理はパスタや珈琲の日もあるそうです。生きていれば1200歳の空海(※今も瞑想中)に会えるのは生身供を運ぶうちの先頭を歩く【維那(ゆいな)】と呼ばれているただ独りだけらしいのです。

 

 ここから先の御廟の写真はもちろんありませんが、高野山の中枢はさすがに神聖な場でした。御廟の地下にも入り、時間をかけてお参りさせていただきました。)

 

f:id:nissanpao:20191104214534j:plain

 

f:id:nissanpao:20191104214602j:plain

水行場はお坊さんの修行の場です。

 

f:id:nissanpao:20191104214734j:plain

 

 

f:id:nissanpao:20191104214815j:plain

紅葉撮影にはあと2週間後だったかなぁ・・・

今年の紅葉はかなり遅れているそうです。

f:id:nissanpao:20191104215030j:plain

 

f:id:nissanpao:20191104215059j:plain

 

f:id:nissanpao:20191104215144j:plain

さて、弘法大師御廟へのお参りを済ませ、帰路は往路とは違う道を選びます。

(中の橋案内所へ向かうルートは少し現代的な供養塔が増えるのですが、往路で見かけたpanasonicなども含め、一部紹介します)

f:id:nissanpao:20191104215425j:plain

panasonicはぴかぴか過ぎて違和感・・・

 

f:id:nissanpao:20191104215523j:plain

 

f:id:nissanpao:20191104215601j:plain

UCC上島珈琲株式会社・・・。

(UCCの【U】って、上島のUだったんですね・・・)

f:id:nissanpao:20191104215713j:plain

 

 

f:id:nissanpao:20191104215747j:plain

 日産自動車・・・

 

f:id:nissanpao:20191104215816j:plain

 ヤクルト・・・

 

f:id:nissanpao:20191104215845j:plain

『しろあり やすらかにねむれ』って・・・おのれらが駆除しとるがな・・・

  

f:id:nissanpao:20191104220109j:plain

 もはや意味が分からない

 

f:id:nissanpao:20191104220204j:plain

 

 

 

 高野山は奥が深い・・・

  

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村