錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、46万㎞を超えました・・・

送別会:西京旅館③

『 送別会:西京旅館③ 』

by OLYMPUS E-510 ZD12-60mm F2.8-4.0 SWD
イメージ 1

  調度品は結構痛みが目立ちます。。。 けれど、もともとは“良い品”だそうです。。。



by OLYMPUS E-510 ZD12-60mm F2.8-4.0 SWD
イメージ 2

  送別会の翌朝・・・西京旅館の中庭・・・というか“吹き抜け”。。。



by OLYMPUS E-510 ZD12-60mm F2.8-4.0 SWD
イメージ 3

   昨日(金曜日)の夜はよく喋りました。。。

  この3月で定年退職となる“Oさん”を送る会だったのですが、この方、ご自分では

  車の運転をしないのに、妙にエンジンに詳しいのです。

   パオの生誕地である“愛知機械工業”や“高田工業(株)”のことも既によくご存じで、

  Oさん曰く、『愛知機械工業というのは、元々は“愛知時計製造”という会社だったはず。

  その後、“愛知航空”という社名になった頃、太平洋戦争の真っ只中で、おそらくは

   零戦などの戦闘機部品も扱っていたのではないか。』・・・とのこと。

  ・・・これが事実であれば、愛知機械工業には零戦技術者の“血”が受け継がれており、

  その後、時代を超えて、パオの製造にも携わった、ということだろうか・・・

   真偽の程は定かではないが、なかなか興味深い話が聴けたもんだ・・・。


   さらにOさんは、『カルロスゴーンはもっと日産の技術者を大事にしてほしい』とか、

  『実は横浜の日産工場では今は車の“ボディー”は作ってないのではないか…。』

     ・・・とも。

  最近は、日産やトヨタよりも、“コマツ”のエンジンに注目してるそうです。



by OLYMPUS E-510 ZD12-60mm F2.8-4.0 SWD
イメージ 4

  土曜の朝は寒かった・・・。