錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、46万㎞を超えました・・・

川棚クスの森

 『 川棚クスの森 』                     
 
   by XZ-1
イメージ 1
 
 
                 山口県下関市にある “クスの森”と呼ばれる巨木です。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
一本の樹ですが遠くから見ると、まるで森の様だという事から「クスの森」と呼ばれる国指定の天然記念物です。
日本三大樹のひとつで樹齢およそ1000年、幹のまわりが約11m、高さ21m、18本の太枝の最長が27mもあるという巨大な樹です。
大正11年10月12日、史跡名勝天然記念物に指定されました。このクスの森は、「霊馬神」とも呼ばれ、これにまつわる伝承物語があります。付近の人々は、毎年3月28日を祭日とし、信仰の対象として崇め、敬い、慰霊祭を行うなどして、とても大切に保存しています。