錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、46万㎞を超えました・・・

さよならタケオキクチキー… (´;ω;`)

『 夏の車検で事件は起こった Σ( ̄□ ̄;) 』


イメージ 1


※今日はちょっと車検の思い出について…。 ( 長いよ… ゴメンよ… )

 この夏(平成18年8月)の車検では大事件が起こってしまいました…。

 ( これまでパオ♂は何度か事件に見舞われてます )

 メニューはベーシック車検項目に加えて、ワイパーブレード交換(←以前から交換修理を

 勧められてた)と、撥水ウインドウシステム作業を依頼。

 市内の日産へ8月5日に入庫。8月8日には作業完了し、13万8千円也。

 夕方にはパオ♂を受け取り、日産工場から家までの僅か5㎞の帰路で事件は起こりました。

          ガ━━━━(;゜Д゜)━━━━ン

 エンジンルーム?からガラガラと異音が鳴り始め、特にローかセカンドに入れたときに

 その音が大きく鳴り、明らかに異常と思われたので急遽、ラーメン屋の駐車場(目に付いた

 ので)にパオ♂を駐めた…。   (・ω・;)(;・ω・)

 既に辺りは真っ暗。 思:( “また修理だ!” )

 ボンネットを開けても車周りを見ても、エンジンに詳しくないので原因は分からず…。

 オロオロとしながらも、せっかく目の前にラーメン屋があるので、とりあえず店に入って

 考えることにした…。   (;>_<;)

思:『ガラガラと音はするが動かないわけではないし、家まではあと200mの距離なので、

  今日は家に連れて帰ろう。 そして明日もう一度、日産に連れて行こう…。』と結論。

 ラーメン屋から出て、パオ♂に乗ろうとしたところで、さらに信じられない事件発生!

           驚いた!   鍵が開かない…。

 ( 実は元々、助手席側の鍵は調子が悪く、外からは開きづらいことがあった。

  運転席側の鍵は多少引っかかるものの、なんとか開いていた…。 これを修理しないまま

  にしていたのがいけなかったのだ。 ついに両方のドアが開かなくなり、パオ♂に入れ

  なくなった! …たぶん車検中には鍵はかけないから気づかれなかったのだろう… )

 3~4分は粘ってみたが、どうしても開かない…。 無理に力を入れるとさらに状況は

 悪化…。 どうしよう…。 と、後ろの窓(ハッチ)を触ってみると、鍵がかかってない

 ことが分かった。 周りの目を気にしながらも、やむを得ず、後ろから乗り込んだ。

 ( → 自分の車なのに、後ろの窓から潜り込むように乗り込んだのです。 泥棒か? )


 さて、翌日…。 日産に連絡すると、『本日定休日』   σ(TεT;)

 仕方なくあれこれと試してみると、ドアのボタンを半分押しながらキーを回すと開くことが

 分かり、応急手段は見つかった…。

 さらに次の日にやっと日産へパオ♂を預けたのでした…。



イメージ 2

 ↑ これがこの夏まで使ってた“パオ♂のキー”。

   タケオキクチ製(デザイン)のものです。イエローハットで10年くらい前に

   作りました。。。    (σ・∀・)σ オキニイリ



イメージ 3

 ↑ 追加修理代。 ただし今回は“部品代のみ”。。。作業代は無料。

   今回の件について、日産の工場長は『 車検直後にこのようなことになり、大変

   申し訳ない…。 追加修理に関しては工賃はいただきませんので、部品代だけは

   お願いします。 m(_ _)m 』と丁寧に言われたため納得…。

   それでもかなり高いが…。



イメージ 4

 ↑ 鍵5箇所全て交換。 よってタケオキクチキーの出番は無くなり、その代わりに

   パオ純正キーがいただけました。 ( ̄ー ̄)

   ガラガラ音については、トランスミッション総取っ替え。(ただし中古品)


     やっと治った… ・゜・(つД`)・゜・ パオ♂修理のために働いてる。。。



イメージ 5

 ↑ でも今はこの鍵を使ってます。 オートバックスで980円也。  (´∀`)



※以上、8月の恐るべき出来事でした…。 職場の皆はバカ受け(大笑い)でしたが…。



※追記)
 女子フィギュア、みんなスゴイ!! (≧ω≦)