錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、45万㎞を超えました・・・

孤猫たち。

 

 孤猫

 カメラを持ち歩く生活を長年続けていると、猫写真が自然と貯まってきます。

f:id:nissanpao:20200617215504j:plain


つまりスナップショットなわけで、一眼レフの大きなものより、威圧感を与えない小さなカメラが最適で。

 

f:id:nissanpao:20200617215529j:plain

 

写りが良いに越したことは無いのですが、電源起動時間の短さや、ピント合焦速度、それに、自然な色合い(※好みが分かれる部分ですが)が大切です。

 

f:id:nissanpao:20200617215603j:plain

 

 時代の流れと共に技術的には当然進化してきており、カメラ性能はどんどん上がってきているのですが、〈好みの色合い〉については、各メーカー毎の個性があり、私としては以前からOlympusの絵作りが好きなのです。画素数で言えば、あるいはセンサーサイズから選択するのであれば、フルサイズ一眼と呼ばれる大きなカメラを選ぶことになるのですが、個人的に思うには、単に画素数が多いからよく写るカメラ、というわけでもありません。

 

最近は、Olympusと同じ規格を採用したPanasonicのカメラを使っておりますが。

 

f:id:nissanpao:20200617215626j:plain

 

毛の一本一本を細密に写そうとしているわけではありませんので。。。

 

f:id:nissanpao:20200617215659j:plain

 

ふと出会う、おそらく野良猫であっても飼い猫であっても、なんとなく気品を感じさせるものに惹かれます。

 

f:id:nissanpao:20200617215724j:plain

 

子育て中の母猫を除けば、猫は大概群れていませんね。

 

f:id:nissanpao:20200617215746j:plain

 

 孤猫たち。

 

f:id:nissanpao:20200617215813j:plain

 

 犬の接近の仕方とは全く違うところも面白く感じます。 

 

f:id:nissanpao:20200617215836j:plain

 

 

f:id:nissanpao:20200617215858j:plain

 

意識せずとも被写体として成立してくれます。

 

f:id:nissanpao:20200617215926j:plain

 

 不思議な生き物です。

 

f:id:nissanpao:20200617220217j:plain

 

 『猫を撮ろう』と意識して旅に出るわけではなくても、その旅で一番お気に入りのショットが猫写真だったことは何度もありました。

 

f:id:nissanpao:20200617220255j:plain

 ↑ 岩合光昭さんの写真展で、素人写真の一枚として美術館に飾っていただいたもの。 

 

 

f:id:nissanpao:20200617220319j:plain

 

 またの出会いをお待ちしています。 

 

f:id:nissanpao:20200617220352j:plain

 

 では、では・・・・

  

 

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村