錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、44万㎞を超えました・・・

三角窓は強制換気機能部品です。

 我が家の車は三角窓標準装備です

“三角窓”というもの自体、最近の若い人は知らないんだろうなぁ・・・。

昭和40年代頃までは多くの車に採用されていたもので、開閉することで強制的に換気を行う機能部品のひとつです。車にエアコンが装備されていない時代、あるいは装備されていても信頼性に欠けていた時代においては、この強制的に換気という装置が活躍したのです。

 ※我が家の車(↓)。サイドミラーには紫陽花がたくさん映っています。

f:id:nissanpao:20190629175524j:plain

OLYMPUS E-M5

 

 

f:id:nissanpao:20190629175613j:plain

OLYMPUS E-M5

 『ただの小さい窓じゃないか!?』と言われるかもしれませんが、構造的に普通の窓とは全く異なります。

 

f:id:nissanpao:20190629175648j:plain

OLYMPUS E-M5

三角窓は強制換気機能部品なんです

上下に開くのではなく、写真(↑)のように、垂直軸に90度以上ガバッと開けるのが、強制的換気のポイントになります。

 つまり、車の横を流れる空気を無理矢理車内に取り込むわけです。

f:id:nissanpao:20190629175723j:plain

OLYMPUS E-M5

運転席側の三角窓を開ければ、ハンドル付近からダッシュボード方向(つまり横方向)に強い風がながれてきます。車内を空気がぐるぐる巡るような感じですね。

 

f:id:nissanpao:20190629175747j:plain

OLYMPUS E-M5

アンティークでノスタルジックな見た目が良いのですが、機能的にも非常に優れたものなのです。

これもある意味、アナログ・・・ いや、エコかな

 

 

 

 

 

 

 雨漏りするけどね・・・

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村