錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、44万㎞を超えました・・・

愛車を電気自動車化するのにいくらかかるのか?

 宝くじ高額当選の使い道

 年に何度か宝くじを買ってしまいますが、もちろん高額当選など一度もありません。

(かすったことすらありません…)

 それでも、当たった場合の妄想だけは続けています。・・・というか、この【妄想代】として宝くじを買い続けていると言った方が正しいか・・・。

  ■

妄想するにあたって、どの位の金額を想定しているかというと、だいたい

【7億円】(根拠なし)

・・・なんですが、7億円の使い道として常日頃から思っているのは、まず愛車の根本的なレストア作業です。

しかし、旧車のレストアや、昔のスポーツカーのレストアですら1億円を超えてしまうことは稀なので、さて、7億円あるとなるとどうしたもんでしょうか・・・。

f:id:nissanpao:20190719230646j:plain

OLYMPUS XZ-1

ガルウイング化します』と言っていた時期もあるのですが、

 

「デロリアン」の画像検索結果

 

これだと『天井が低い場所で乗り降りするのに不便かな』って思ってしまい、しぶしぶ却下・・・。パオのデザインが壊れてしまうことにも抵抗がありました。

カモメのイラスト(鳥)

そこで思いついたのが【エンジン交換】ですが、ノーマルなエンジン交換は実は既におこなっておりまして・・・。走行距離が20万㎞を過ぎた頃に一度オーバーヒートさせてしまい、エンジン交換に至っております。

アブノーマルなエンジン交換?

仮に7億円あれば、ノーマルではないことも可能なはずで、

調べてみたところ、

【電気自動車化】という手段が無いわけではないようで・・・

構造としてはすごくシンプルで、【モーターと電池があれば可能】・・・のはず。

よく考えてみれば日産は既に電気自動車リーフを市販しているわけで、ちょっと調べてみたところ、イイのが見つかりました。(↓)

www.nissan-global.com

 

しかし、調べを進めてみると・・・モーターも電池も中古のものを使って200万~500万円程度で旧車をEV化してくれるところがあるらしく・・・

www.o-z.co.jp

同じような考えを持った人が世の中にはけっこういるらしくて・・・

ただ困ったことに、この方式だと7億円のうち、6億9千5百万円以上が余ってしまうわけで・・・。

他の使い道を考えてみます!

 今のエンジンがなんとか修理可能なうちは乗り続けることにしました。

オートマとか嫌いですし、EV化するとたぶんマニュアルミッションではなくなるので・・・

f:id:nissanpao:20190624222034j:plain

 

 

もしくはガルウイングの件、もう一度真剣に考えてみることにします。

あるいは思い切って【ホバークラフト化】かな・・・。車検通るかな・・・。

(宝くじ購入費用とは妄想代金です)

 

 「カモメ フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

ところで、フォルクスワーゲンは昔のtype2をベースにしてEV化したコンセプトカーを発表したんだってさ・・・・

EV版ワーゲンバス(出典:VWGoA)

 

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村