錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、46万㎞を超えました・・・

本当の旧車って・・・

464400km

このたび鰐鳴八幡宮では『ノスタルジック山口』という団体が旧車の展示を行っていました。

そもそも【旧車】の定義は曖昧なのですが、一般的には『昭和生まれ』の車を指すようです。私の車は平成元年製ですので、惜しくも旧車の範疇からは外れるのですが、もう平成から令和の世の中になりましたので、せめて平成一桁生まれの車は旧車に入れていただきたいものです。

 

それにしても今回の展示車両、ほんまもんの旧車です。

f:id:nissanpao:20200927151257j:plain

もちろん全てが稼働車。

私が到着したのが朝9時前でしたので、まだ一部の旧車しか並んでおらず、このあと計9台が続々と本殿前に集結したようです。

f:id:nissanpao:20200927151336j:plain

この直前に、この車(↑)が走っているところも見たのですが、非常にキビキビと動いており、バックギアにもスムーズに入ってましたが、後で調べたところ、オーナーは「ノスタルジック山口」の代表でもあり、隣町で鈑金屋を経営しているそうです。

【(有)山本鈑金】・・・いつかうちの車も診てもらおうかな・・・

 

見知らぬオバちゃんが人懐こく話しかけてくれまして、この車(↑)がハイオク仕様であることや、このあとで2000万円クラスのスカイラインが到着予定であることなど、あれこれ教えてくれました。

こういう予定外の出会いも楽しいですね。

 

f:id:nissanpao:20200927151409j:plain

フォードモデルE(↑)はなんと明治36年製。

明治、大正、昭和、平成、令和と生き抜いてきて、いまだに動く状態という素晴らしさ。木製のフレームに灯油ランプ。屋根は本革です。日本に一台しかないらしく、博物館クラスの車ですね。

 

f:id:nissanpao:20200927151501j:plain

旧車!(↑)

 

 

f:id:nissanpao:20200927151532j:plain

 

 

f:id:nissanpao:20200927151611j:plain

どうやって維持整備してるんでしょう・・・

私の車を見て笑顔で手を振ってくれました。

 

 

f:id:nissanpao:20200927151647j:plain

いい年の取り方をしたいもんです。

 

f:id:nissanpao:20200927151751j:plain

 

旧車の展示は今日(9月27日)まででした。

 

 

 

 

 

f:id:nissanpao:20200927151828j:plain

本来の目的だった彼岸花の撮影もひと段落。

 

f:id:nissanpao:20200927151852j:plain

走行距離は464400kmに到達。

ガレージで大切に保管しているわけではなく、平成6年に中古で購入してから日々鍛え続けております。 

 

 

錆との戦いは今日も続く - にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ

 

鰐鳴八幡宮の曼殊沙華

鰐鳴八幡宮曼殊沙華

家から車で30分程度のところにある神社。

ここの参道は春には桜のトンネルができ、今時分には彼岸花が咲き誇るのです。

f:id:nissanpao:20200926142101j:plain

 

先週立ち寄った際にはまだほとんど蕾だったのですが、今日明日がピークのようで、朝からすでに賑わっておりました。

 

f:id:nissanpao:20200926142213j:plain

『鰐鳴八幡宮』の社名の由来が書かれております。平安中期に建立とのこと。

大分の宇佐八幡宮が発祥のようですが、千年前に当時の日本人はどんな思いでこの場所に神社を建てたのでしょうか。。。

八幡様が周防の国に入り、川を遡上して【鰐石】という場所で船を降りたようですが、実際に鰐石という地名があり、ここからは車で20分程度かかるでしょうか。

千年前といえば当然自動車は無く、詳細な地図も無い時代であり、“日本”という単位で物事を考えることができていたのかも不思議なことですが、文化水準は相当に高かったのだろうと思われます。

 

 

f:id:nissanpao:20200926142319j:plain

 

折角なので参道周りの撮影を。

 

f:id:nissanpao:20200926142519j:plain

赤いです。

 

 

 

 

f:id:nissanpao:20200926142623j:plain

 

彼岸花は咲くまでその存在を消しているかのようですが、突然血のような色合いの真っ赤な花を咲かせる怪しい生き物です。

 

f:id:nissanpao:20200926142704j:plain

 

 

f:id:nissanpao:20200926142807j:plain

今年もこの写真(↑)が撮れました。

 

 

f:id:nissanpao:20200926142932j:plain

 

白い花と赤い花のコントラストも綺麗です。

 

f:id:nissanpao:20200926143106j:plain

 

 

 

f:id:nissanpao:20200926143216j:plain

 

 

 

f:id:nissanpao:20200926143250j:plain

 

  

 

錆との戦いは今日も続く - にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ

 

光陰矢の如し 少年老い易く学成り難し

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

彼岸花撮影、まだでした・・・。

f:id:nissanpao:20200918202216j:plain

 

車で20分程度の距離にある神社。その参道は春には桜のトンネル、初秋には彼岸花がたくさん咲いてくれるのですが、もう一週間ほど早かったようで、まだまだ喜んで撮影できるほどには咲いておりませんでした。

 

f:id:nissanpao:20200918201930j:plain

 

 

f:id:nissanpao:20200918202007j:plain

 

 

 

 

 私には十年に一回程度の周期で井上陽水期が来るのですが、デビュー50周年記念のDVD【光陰矢の如し少年老い易く学成り難し】が出ておりましたので、つい・・・ 

CDであれば【聴く】、テレビや映画であれば【見る】あるいは【視る】のでしょうが、ライブのDVDの場合は、見聞きする、も変なので【視聴】ですかね・・・

f:id:nissanpao:20200918202053j:plain

・・・最初の一曲目を視聴して、『・・・井上陽水もおじいちゃんになったなぁ・・・』というのが正直な感想・・・。

以前のような高音が天に突き抜けるようなパワーは影を潜めております。

しかし、5曲目10曲目と進むにつれ、『やっぱり陽水は陽水。国の宝・・・』と思えてきました。考えてみれば陽水ももう70歳を超えており、『こんなに歌のうまいおじいちゃんは他にいない』のでした。

 

f:id:nissanpao:20200918202126j:plain

 

うちの車も充分おじいちゃんですがね・・・ 

 

錆との戦いは今日も続く - にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ

 

猛暑に蝶々

今日も猛暑、明日も猛暑・・・

不謹慎ながら、こうなるともう台風が待ち遠しいくらいの気持ちに。

来週半ばには西日本に接近するようですが、中国地方には上陸せずにそのまま日本海を北上してしまうようです。

それでも台風が来る毎に秋は近づいてくるはず。

 

f:id:nissanpao:20200830210251j:plain

 

週末に実家に顔を出してきたのですが、同じ県内でも私が今住んでいる地域より3度ほど低く(※それでも今日は33度まで上がりましたが…)、朝方はエアコンなしでも大丈夫でしたので、少しだけ庭仕事をしてきました。

 

 

 

 母と一緒に鰻(ひつまぶし)を食べ、買い物をし、世の中の情勢などあれこれ話をしておりました。

 

f:id:nissanpao:20200830210316j:plain


次第にコロナウイルスの実態が分かるにつれ、引き続き対策を続けるべき点と、過度に恐れなくてもよい部分の両方が判明し、今後の世論形成に繋がっていくことでしょう。

 

10年後20年後に今回の騒動を振り返ってみたとき、ピントが合っていたところとそうではなかったところがそれぞれ語られるかもしれませんが、良し悪しは別にして、日本人はよく頑張ったのではないでしょうか。 

 

錆との戦いは今日も続く - にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ