錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、45万㎞を超えました・・・

◆写真

孤猫たち:ラスト

// 猫写真をまとめてup。ラストです。 コロナの関係もあって、写真の在庫自体が不足しておりますが、そもそも持っているオリンパスのデジイチが古くなってきて、機材の問題も写欲に影響しております。 ここ数回ほど、過去の猫写真をまとめてupしてきまし…

尾道は坂の街、猫の街

// 尾道猫 尾道と言えば“坂の街”。 そして細い路地の多い街は自然と猫の街になっていきます。 快晴で日の光が強い時には隠れておりますが、少し日差しが柔らかくなれば、どこからともなく猫が現れてくるものです。 猫の良さは、人間に近づいてくれるところで…

離島猫

// いくつかの猫スポットとして、実家の墓があるお寺によく行くのですが、瀬戸内海の離島もそこに漁村があればほぼ間違いなく猫のすみかとなっております。 野良は野良なのですが、島のお爺ちゃんやお婆ちゃんが餌を与えるなど可愛がるので、さほど厳つい感…

猫三昧、猫写真三昧。

// 猫写真整理中 10年前くらいの猫写真です。 この写真は尾道の路地でなにげに撮ったものですが、のちにオリンパス本社で飾っていただいたことがあります。その後、ミニ写真集まで作っていただきました。 また猫の街へ旅行に行きたい・・・ とりあえず県内…

猫も、杓子も。(その壱)

// お題「#おうち時間」 世の中は絶賛ひきこもり中・・・ ドライブや写真撮影が趣味の者としては寂しい限りですが、家族と過ごしたり、オンライン飲み会をしたり、読書、料理などで過ごしております。 それでも時間が余ったりして、暇つぶしにと過去の写真整…

緑の桜「ギョイコウ」が近所にも咲いてました

// 御衣黄 緑色がかった花が咲く御衣黄(ギョイコウ)という桜。 非常に珍しいモノですが、実家の近所になにげなく咲いておりました。 山桜の一種で、ソメイヨシノほど華やかではありませんが、なるほど緑色が入っております。 お花見をするわけにも行かず、…

人が大勢集まる場所には積極的に顔を出してみましょう!?

// お題「#おうち時間」 政府による緊急事態宣言が全国に拡大され、つまり当県でも一段階厳しい外出自粛の圧がかかるわけで。。。 週末に旅行に出かけるわけにもいかず、日々の食材を買いにスーパーへ行くことを除けばほぼ引きこもり生活が確定です。 例年で…

花見と月見と隕石と。

// 桜と月 自宅近辺の三叉路にある桜がここまで大きくなりまして、毎年よく咲いてくれます。 許されるのであれば庭に桜の木でも植えたいところですが、どうやら桜の根はその家の基礎を壊してしまうこともあるらしく、あるいは虫に悩まされるケースもあるよう…

リラックマ不織布マスクと桜撮影

// リラックマ不織布マスク 世の中、まだまだマスク不足・・・ 店に置いてあれば、デザイン云々を言っておられずまずは購入・・・ 今回は、リラックマ不織布マスク・・・ (機能としては何の問題もありません) 日本中が自粛ムードですが、うちの近所のパチ…

あおによし奈良の都は・・・

// なんとなくオリンピックは延期ムードが強まってきましたね。 日本だけがコロナウイルス収束しても、世界的な流行が続いていればやはり仕方ないのでしょう。。。 法隆寺の桜は種類によってはかなり咲いておりますが、日本有数の観光地に人が居ない・・・。…

もうすぐ桜の季節です。

// 鉢植えにも花が咲いております。 暖かい日が続き、様々な花が咲いてました。 世の中はコロナウイルスの関係で自粛ムードが著しいですが、草花には関係ありませんね。 山桜など種類によっては花を付けていますが、ソメイヨシノはこれからです。来週にはそ…

鈑金修理とマスクと猫好き必見IDコール

// 鈑金修理完了しました。 まさか半年の間に二度も同じ場所をドアパンチされるとは思いませんでしたが・・・ (しかも全く別の場所で別の人に同じパターンで・・・) いつもの鈑金屋さんに修理依頼をし、いつものように完璧な仕事をしていただきました。 左…

早咲きの桜とトイレットペーパー

// 向島小学校緋寒桜 その2(トイレットペーパー復活) iPhoneでもよく写りますね(↑) 世の中、コロナウィルス騒動の収まる気配がありません・・・ 必要以上に騒いでいるような気がしないでもないですが。 コンパクトデジカメ(LX100)で撮影するとこんな…

桜とお婆さんの涙

// 向島小学校緋寒桜とお婆さん 今週のお題「卒業」 山口県防府市南部の向島には校庭に大きな寒桜があります。 緋寒桜と呼ばれたり蓬莱桜と呼ばれたり・・・。 y-view-navi.jp 例年ソメイヨシノより2~3週間は早く咲くので、島の小学校の卒業式に間に合っ…

長者が森

秋吉台カルストロード // 長者が森へ 秋吉台をドライブしていると、不自然にこんもりとした森が目に付きます。 ここは【長者が森】と呼ばれているところ。撮影スポットでもありますが、“まんが日本昔話”でも紹介されております。 nihon.syoukoukai.com この…

あと何年乗れるかな・・・

秋吉台つづき・・・ しばらく記事をupしていなかったため、細かな手順を忘れてしまっておりましたが、写真はときどき撮っていました。 今年度購入したカメラ(LUMIX LX100Ⅱ)にもようやく慣れ、長所短所も分かってきたところですが、いわゆる【アートモー…

秋吉台でひとりごと。

雪の降らない冬の写真はつまらない。 それでも趣味のために時間を使えるのは贅沢なものです。 鼻風邪をひいてしまい、出かけるのも億劫になっておりましたが。。。 この三連休は結果的に県内の観光地を巡っておりました。 まずは秋吉台。観光地名物のソフト…

北九州市小倉北区の文具屋と喫茶

小学4年まで過ごした小倉北区。 当時、繁華街の中央を流れる紫川はいわゆる公害の影響でドブ川でした。川の両側にはまだバラックが残っており、川面には沢山のゴミが流れ、表面は油で覆われておりましたが、最近の日本の川は随分綺麗になりましたね。。。 …

空海の手首は折れてるはず・・・

今週のお題「紅葉」 この日、一番赤く色づいていた木です(↓) 聖徳太子が開基し、自ら名付けたとも云われる【難払寺】 神功皇后を草創とするならば1800年の歴史をもつそうです。 神社の鳥居って、地脈の通る場所に建てられると聞いたことがありますが、…

難を払う、南原寺

真言宗桜山南原寺 今週のお題「紅葉」 県内で紅葉を求めて隣市へ行ってみたのですが・・・ 今年は日本中どこでも本当に紅葉が遅れているらしく・・・やや期待外れでした。 桜山南原寺。ここは聖徳太子が全国に四十六ヶ寺を建立されたうちの一ヶ寺。 その後、…

紅葉は来週あたりでしょうか・・・

紅葉にはもう少し・・・ 今週は一週間が長かった・・・ 近所の街路樹もところどころ色づいてきましたが・・・・ 紅葉撮影にはまだもう少し・・・来週あたりでしょうかね・・・ にほんブログ村

高野山を堪能した!さあ帰ろう! :高野山その15(ラスト) 

高野山はお勧め観光地でした。 奥の院を見て回るうちに正午が近づきました。 巾着など購入。 LX100m2にて撮影 朝からかなりの距離を歩きましたので、少し早めのお昼ご飯を。 『観光地に美味いものなし』などと言われますが、ここまで高野山の食事はどれも満…

しろあり、やすらかにねむれ・・・:高野山その14

高野山の奥深さ・・・ 御廟橋。弘法大師御廟に一番近いこの橋から先は聖域とされています。 一礼して気持ちを整えてから渡ります。 ここを渡ってしまえば撮影禁止区域となるのですが・・・ 毎朝6時と10時半の2回ほど、空海のために食事を運ぶ【生身供(…

奥の院は苔むす墓所。 :高野山その13

墓・墓・墓 観光地であり巡礼地でもある いわゆる“奥の院”は、入り口の“一の橋”から歩くと2㎞を超える道のりとなります。 いきなりバスで【奥の院前】まで行って、奥の院のほぼ中間地点である“中の橋”からスタートいう選択肢もあるのですが、それだと昨日紹…

奥の院は戦国武将好きにはたまらないスポットでした。 :高野山その12

奥の院、戦国武将編 さらに歩みを進めます。 1200年の時をまたぐような道ですが、バリアフリーとまではいかないまでも、それなりに整備はされておりますので車いすを押す姿も何度か見かけました。年配の方も頑張って歩いておりました。 ※暗所に強いコン…

奥の院。戦国武将のお墓を横目に聖地へ向かいます。 :高野山その11

奥の院へ 高野山旅行、初日は土砂降りでしたが二日目は晴れてくれました。 しかし奥の院へ入るとかなり薄暗い・・・ ここも国の史跡・世界遺産。御廟橋の先に灯籠堂、その裏に空海の御廟があります。参道には、皇室、公家、大名などの墓が多数並び、その総数…

高野山町石道(ちょういしみち)を眺めつつ奥の院へ。 :高野山その10

宿坊をチェックアウト。一乗院のお坊さん、お世話になりました。 少しでも楽に奥の院入り口まで行こうと考え、最寄りのバス停に向かったのですが、どうやらかなり次の便まで待たされそうなので、バスは諦め徒歩で向かいます。 朝からあちこちにお坊さんの姿…

一乗院の朝勤行および朝食。 :高野山その9

高野山の朝は早い! まずは日が昇る前に起きます。廊下の照明はオシャレです。 早起きの目的は、朝の勤行(ごんぎょう)への参加。 朝6時30分開始ですが、6時から6時15分までには本堂へ集合。 おそらく宿泊客のほとんどが参加していただろうと思われ…

宿坊「一乗院」の精進料理(夕食編) :高野山その8

一乗院は食事が素晴らしい 宿坊のタイムスケジュールは早い。夕食に間に合うように大浴場に入り、17時にはスタンバイOK。 18時前にはお食事用の部屋へ。既に修行中のお坊さんがせっせと精進料理のお膳を並べておりました。高野山大学出身なのかな・・…

宿坊「一乗院」はすばらしい宿でした(後編)。 :高野山その7

チェックイン後(※宿坊に「チェックイン」という言葉はそぐわない気もしますが、お坊さんも「チェックインですか?」と申されましたので…)、夕食までにしばし時間がありましたので宿坊内をウロウロと・・・ LX100m2にて撮影 雨にかすんだ高野山も悪くないで…