錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、45万㎞を超えました・・・

秋吉台でひとりごと。

雪の降らない冬の写真はつまらない。 それでも趣味のために時間を使えるのは贅沢なものです。 鼻風邪をひいてしまい、出かけるのも億劫になっておりましたが。。。 この三連休は結果的に県内の観光地を巡っておりました。 まずは秋吉台。観光地名物のソフト…

雪の降らない冬に。

私の住む地域は冬には毎年雪が積もるのですが、ここ数年はずいぶん暖かく、今年はついにスタッドレスタイヤへの交換をサボってしまいました。 2011年正月の写真(↓)を見つつ、当時のことを思い起こすと、もう11月末には『そろそろ雪が降るかも…』と不…

謹賀新年で大楠に願う

年末年始は例年どおりに年越し蕎麦からのお節という流れで過ごしたわけです。 数年前に父が亡くなったことを機に年賀状もほぼやめてしまいましたし、なんだか暖かい日々が続いておりますので“正月感”に乏しい気もするのですが、おかげさまで概ねのんびり過ご…

今年も一年ありがとうございました

最近、夜中に晴れていても星があまり出ないような気がしています。 満月の日は月が明るいので仕方がないのでしょうが、新月の日でも、しかも雲ひとつない夜でも星があまり出ていないのです。(気のせいかな・・・) オリオン座くらいの明るい星座が限界です…

北九州市小倉北区の文具屋と喫茶

小学4年まで過ごした小倉北区。 当時、繁華街の中央を流れる紫川はいわゆる公害の影響でドブ川でした。川の両側にはまだバラックが残っており、川面には沢山のゴミが流れ、表面は油で覆われておりましたが、最近の日本の川は随分綺麗になりましたね。。。 …

ロッククライミング的なやつ

モンベル山口店 日々なにげなく走っている田舎道に突然アウトドア用品店ができましたので、ちょいと行ってみました。とは言え、自他共に認める?インドア派の私にはほぼ用のない場所なのですが、それでも高いところが好きな私でもあり、気になるタワーに惹き…

アイボリーパオ発見!

アイボリーパオ 近所のホームセンターにて、白いパオ発見! 近頃はパオの現存台数が減少し、ほぼ絶滅状態・・・ 偶然の出会いも貴重なものになってきました。 改造されていないほぼオリジナル状態のアイボリーパオでした。後ろのバンパーは少し凹んでおりま…

山口大内塗りガスタンク

先日ちょこっと紹介した山口市内のガスタンク。 左が男雛、右が女雛ですね。 今回、これが最接近撮影です。 山口市はかつて“小京都”とも呼ばれた文化都市。 町並みのそこかしこに和の文化が隠れているのですが、このガスタンクはちっとも隠れてないです。 大…

走行距離45万キロ到達しました。

ここ2週間、ブログのない生活をしておりました。極端に忙しかったわけではないのですが、仕事でそれなりにドタバタしたり、身内の誕生日で食事会をしたり、微熱しか出ない風邪を引いたり、長距離運転をしたり、忘年会に備えてパプリカを踊る練習をしていた…

空海の手首は折れてるはず・・・

今週のお題「紅葉」 この日、一番赤く色づいていた木です(↓) 聖徳太子が開基し、自ら名付けたとも云われる【難払寺】 神功皇后を草創とするならば1800年の歴史をもつそうです。 神社の鳥居って、地脈の通る場所に建てられると聞いたことがありますが、…

難を払う、南原寺

真言宗桜山南原寺 今週のお題「紅葉」 県内で紅葉を求めて隣市へ行ってみたのですが・・・ 今年は日本中どこでも本当に紅葉が遅れているらしく・・・やや期待外れでした。 桜山南原寺。ここは聖徳太子が全国に四十六ヶ寺を建立されたうちの一ヶ寺。 その後、…

大内塗りガスタンク

山口市夕景 ガスタンクに顔が描かれているのですが、おそらくは山口名産の大内塗りを模したものだと思われます。近寄って撮影したい・・・ kougeihin.jp 【中村民芸社】大内塗 大内人形 ペアセット NO-1 桐箱入り【OU-NO-1】 出版社/メーカー: 中村民芸社 メ…

紅葉は来週あたりでしょうか・・・

紅葉にはもう少し・・・ 今週は一週間が長かった・・・ 近所の街路樹もところどころ色づいてきましたが・・・・ 紅葉撮影にはまだもう少し・・・来週あたりでしょうかね・・・ にほんブログ村

違和感だらけのサッカー日本代表ユニフォーム

サッカー日本代表新ユニフォームに違和感・・・ 2022年カタールワールドカップに向けてアジア二次予選が始まっております。 昨日はキルギス戦。代表の新ユニフォーム(↓)が実戦初投入されたわけですが、テレビで視ているとなんだか違和感を感じてしまい…

STARBUCKSでCATERHAM7とmotolitaに感激

なにげに近所のスターバックスコーヒーへ。 駐車場に珍しい車を発見。おそらくはケータハムセブンだと思われます。 きっと人生を楽しんでいる人が乗る車ですね。 店内でパスタセットを食べつつ、 ケータハムJAPANのホームページを見ていると・・・ www.cater…

でせえる三好で珈琲ブレイク。

でせえる三好 山口県の下関市長府に「でせえる三好」という洋菓子屋があります。 フランス語でデザートのことを「デセール」と言うらしいのですが、それを日本語らしく「でせえる」としたそうです。 「菓子の蔵」と銘打っているだけあり、その建物はまさしく…

君はてつくじらを見たか!?

呉市「てつのくじら館」 鉄の鯨・・・・ 広島県呉市の大和ミュージアム傍には、てつのくじらが居ます。 このサイズ、冷静に見るとなんか凄くないですか!? 日本で初めて、実物の巨大潜水艦を陸上展示する博物館「海上自衛隊呉史料館(愛称:てつのくじら館…

久しぶりのオートバックスでオイル交換。

昨日は日本中さわやかに晴れたところが多く、祝賀御列のパレード日和でしたね。 さてこちらは久しぶりのオートバックス。 8月の12ヶ月点検でオイル交換をしたのですが、先日来、オイルの警告灯がちらちら点灯しておりましたので・・・ まずは店員さんに「…

特別な街、この世界の片隅は「呉」

映画「この世界の片隅に」がヒットしてからしばらく経ちました(※拡張版がまた上映されるようですが)。 私は過去に4年間ほど広島で生活しておりましたし、あの映画の中で出てくる地名がどれも馴染みのあるもので、気持ち的にも入り込みやすかったことを覚…

いずれ墓じまいをしなければなりません。

恒例?の墓参り。 墓参り日和のうららかな気候でした。 実家近くに新たに墓を建てましたので、ここの墓はいずれ墓じまいをしなければなりません・・・。お寺にお願いすればイイのかな・・・。宗派やお寺によってはかなりの額を請求されるようですが、おそら…

いつも素晴らしい仕事をして下さる大隅オートサービスに感謝でした。

ドアパンチ修理完了 先日お伝えしたとおり、風の強い日に隣の車からドアパンチをされまして・・・ 随分(ドアが)凹んでいたのですが、ぶつけた方がきちんと対応してくれたおかげで相手方の保険修理対応となりました。こちらの負担はゼロ。 というわけで、い…

高野山を堪能した!さあ帰ろう! :高野山その15(ラスト) 

高野山はお勧め観光地でした。 奥の院を見て回るうちに正午が近づきました。 巾着など購入。 LX100m2にて撮影 朝からかなりの距離を歩きましたので、少し早めのお昼ご飯を。 『観光地に美味いものなし』などと言われますが、ここまで高野山の食事はどれも満…

しろあり、やすらかにねむれ・・・:高野山その14

高野山の奥深さ・・・ 御廟橋。弘法大師御廟に一番近いこの橋から先は聖域とされています。 一礼して気持ちを整えてから渡ります。 ここを渡ってしまえば撮影禁止区域となるのですが・・・ 毎朝6時と10時半の2回ほど、空海のために食事を運ぶ【生身供(…

奥の院は苔むす墓所。 :高野山その13

墓・墓・墓 観光地であり巡礼地でもある いわゆる“奥の院”は、入り口の“一の橋”から歩くと2㎞を超える道のりとなります。 いきなりバスで【奥の院前】まで行って、奥の院のほぼ中間地点である“中の橋”からスタートいう選択肢もあるのですが、それだと昨日紹…

奥の院は戦国武将好きにはたまらないスポットでした。 :高野山その12

奥の院、戦国武将編 さらに歩みを進めます。 1200年の時をまたぐような道ですが、バリアフリーとまではいかないまでも、それなりに整備はされておりますので車いすを押す姿も何度か見かけました。年配の方も頑張って歩いておりました。 ※暗所に強いコン…

奥の院。戦国武将のお墓を横目に聖地へ向かいます。 :高野山その11

奥の院へ 高野山旅行、初日は土砂降りでしたが二日目は晴れてくれました。 しかし奥の院へ入るとかなり薄暗い・・・ ここも国の史跡・世界遺産。御廟橋の先に灯籠堂、その裏に空海の御廟があります。参道には、皇室、公家、大名などの墓が多数並び、その総数…

高野山町石道(ちょういしみち)を眺めつつ奥の院へ。 :高野山その10

宿坊をチェックアウト。一乗院のお坊さん、お世話になりました。 少しでも楽に奥の院入り口まで行こうと考え、最寄りのバス停に向かったのですが、どうやらかなり次の便まで待たされそうなので、バスは諦め徒歩で向かいます。 朝からあちこちにお坊さんの姿…

一乗院の朝勤行および朝食。 :高野山その9

高野山の朝は早い! まずは日が昇る前に起きます。廊下の照明はオシャレです。 早起きの目的は、朝の勤行(ごんぎょう)への参加。 朝6時30分開始ですが、6時から6時15分までには本堂へ集合。 おそらく宿泊客のほとんどが参加していただろうと思われ…

宿坊「一乗院」の精進料理(夕食編) :高野山その8

一乗院は食事が素晴らしい 宿坊のタイムスケジュールは早い。夕食に間に合うように大浴場に入り、17時にはスタンバイOK。 18時前にはお食事用の部屋へ。既に修行中のお坊さんがせっせと精進料理のお膳を並べておりました。高野山大学出身なのかな・・…

宿坊「一乗院」はすばらしい宿でした(後編)。 :高野山その7

チェックイン後(※宿坊に「チェックイン」という言葉はそぐわない気もしますが、お坊さんも「チェックインですか?」と申されましたので…)、夕食までにしばし時間がありましたので宿坊内をウロウロと・・・ LX100m2にて撮影 雨にかすんだ高野山も悪くないで…