錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、44万㎞を超えました・・・

喪の作業 ~墓を建てる~

我が家は県内のお寺に戦前に建てられた墓があるのですが、今の実家からは車でも一時間以上かかるため、母は滅多にお参りできておりません。

また、その墓はかなり小さく古いもの。

二年間に父が亡くなってから、墓を建て替える計画を立てておりました。 

 

f:id:nissanpao:20190520000526j:plain

 

 

f:id:nissanpao:20190519235852p:plain

 お寺に或る墓はこんな感じのよくある和風(↑)のもの。 

 

f:id:nissanpao:20190520000546j:plain

OLYMPUS E-M5

 このお寺にはいつも何匹かの猫がおります。

  

f:id:nissanpao:20190520173648j:plain

OLYMPUS E-M5

f:id:nissanpao:20190520000927j:plain

OLYMPUS E-M5

 

 実家のある市で市営墓地の募集をしており、市内の墓地が抽選で(二年目に)当たったため、小さな墓を建てることにしました。

父は生前、『わしの骨はそこら辺に撒いてくれりゃーええ』などと言っておりましたが、『お墓はちゃんとするから』と私から父に約束していたのです。

一年目には別の墓地に応募し、抽選に外れていたのですが、そこの墓地には洋風の墓が並んでいる区域があります。私も母も『洋墓がイイかも』と思ってしまいました。

 

f:id:nissanpao:20190520001233p:plain

 墓石屋さんで相談したところ、一番小さなものであれば予算内でなんとかなりそうで・・・

つい先日ひとりで墓地へ見に行ったところ、ほぼ完成しておりました(↓)。

建立年月には『令和元年5月吉日』と刻んでいただきました。

 

f:id:nissanpao:20190520001332j:plain

iPhone8

 父には親不孝をしましたので、できあがった墓の前で涙が出てしまいました。

小さな墓でも父は許してくれると思います。

私にとっても“喪の作業”だったのかもしれません。