錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、46万㎞を超えました・・・

広島陸軍被服支廠

 
イメージ 1
 
 
広島陸軍被服支廠ひろしまりくぐんひふくししょう)もしくは出汐倉庫(でしおそうこ)は、広島県広島市南区出汐にある大日本帝国陸軍の被服廠の施設。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
1945年(昭和20年)86日に投下された原子爆弾により広島市は壊滅状態に陥ったが、爆心地から約2.7km離れていた被服支廠は外壁の厚みが60cmと厚かったこともあって焼失や倒壊は免れ救護所として使用され、避難してきた多くの被爆者がここで息を引き取ったのでした。

 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
今も広島にはあちこちに被爆建築物が残っています。原爆ドームだけではないのです。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
平和が大切です