錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、44万㎞を超えました・・・

走行距離443105キロ

走行距離の話 

 うちの車は現在走行距離44万㎞を超えております。

人に話すと一様に驚かれますが、実は20万㎞を超えた頃に一度エンジンが壊れてしまい、エンジン交換しております。 

f:id:nissanpao:20190715192314j:plain

OLYMPUS E-M5

 かつて、自家用車の寿命は「10万㎞が目安」と言われておりました。

これは10万㎞で車が壊れる、という意味よりも、デザイン的も性能的にも古くなった車に対し、“そろそろ新しいのに買い換えてはいかが?”という意味合いだったように思われます。(もちろん、タイミングベルトの交換時期に手間も費用もかかるため、という現実的な理由もあります)

f:id:nissanpao:20190715192356j:plain

OLYMPUS E-M5

古いものを大事に使い続けたい

 しかし、実際にタクシーの寿命は40~50万㎞が目安らしく、海外の無骨な車は「100万㎞は使える」という認識もあるそうで、それならば日本の常識では“まだまだ使える車を買い換えてしまう”ことになってしまっている。

世間では、排ガス規制や燃費の話題など、新しい車の方がエコ と言われているのですが、個人的にはどうしても「古いものを大事に使う方がエコ」という観念があるもので・・・  

f:id:nissanpao:20190715192435j:plain

  こういうこと(↑)になってしまったわけです・・・

 

 平成6年に中古で買った当時よりも、今の方がよく走る車になっております。

過走行の車、ということではありますが。

外観も内装も(貯金をはたいて)綺麗にしておりますし・・・

www.automesseweb.jp

 

 

しかしよくよく内省してみれば・・・、「こき使っているだけで、大事には使ってないかも・・・」とも思えるわけで・・・。

手洗い洗車すらせず、ガソリンスタンドの洗車機で“シャンプー洗車”してしまうし・・・

 

 

あと何㎞走るかな・・・

  

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村