錆との戦いは今日も続く

日産パオの走行距離、44万㎞を超えました・・・

宿坊「一乗院」の精進料理(夕食編) :高野山その8

 一乗院は食事が素晴らしい

 宿坊のタイムスケジュールは早い。夕食に間に合うように大浴場に入り、17時にはスタンバイOK。

 18時前にはお食事用の部屋へ。既に修行中のお坊さんがせっせと精進料理のお膳を並べておりました。高野山大学出身なのかな・・・。文学部密教学科、というのがあるそうです。寮生活の様子もブラタモリで紹介されてましたね。いろんな青春があります。ご苦労様です。

f:id:nissanpao:20191027211205j:plain


このお部屋がまた素晴らしい。

内心「まじか!?」と驚きました。

f:id:nissanpao:20191027211619j:plain

LX100m2にて撮影

金襖でやや暗めの照明。対面の襖は鶴の絵でした。

(※LX100m2は暗所に強いカメラです)

f:id:nissanpao:20191027211658j:plain

精進料理ですので、肉や野菜はないのですが、かといって物足りない感じはありませんでした。

 

f:id:nissanpao:20191027211732j:plain

料理のひとつひとつが非常によく考えられており、見た目にも楽しく、味はどれも上品です。

 

f:id:nissanpao:20191027211757j:plain

当たり前ですが、季節ごとに献立が変わるようです。今は【神無月の「秋山吹」御献立」、秋の幸を。

 

f:id:nissanpao:20191027211827j:plain

土瓶蒸しには松茸。香り豊かです。

 

f:id:nissanpao:20191027211855j:plain

そして高野山と言えばお豆腐。絶品ですよ。

 栗ご飯(↓)

f:id:nissanpao:20191027211928j:plain

料理が確かな土地は文化水準が高いということですね。

 

f:id:nissanpao:20191027212019j:plain

 

紅葉の天ぷらなんて、初めて見ました。

f:id:nissanpao:20191027212049j:plain

これまで国内あちこちの観光地で様々な料理をいただいてきましたが、高野山一乗院の精進料理は記憶にも残るものになりました。高野山の奥深さが料理に表れています。肉をがっつり食べたいという人以外にはお勧めですよ。

 

f:id:nissanpao:20191027212119j:plain

 

 

※ちなみに、夕食のあとにもう一度お風呂に入りました。

 自分で撮影はできませんが、旅行系サイトの写真(↓)が参考になると思います。

 私が泊った部屋にはお風呂はありませんが、大浴場があれば部屋の風呂は使いませんので同じことですね。この日は土曜日で、おそらく部屋は埋まっていたはずですが、一乗院は部屋数自体がさほど多くないこともあって、大浴場で込み合って困るということはなかったですね。それに、たまたまかもしれませんが、一乗院は外国人客が少なめだと感じました。(多くても構いませんが・・・)

中浴場

 

  

  

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村